『ASAGI』イラストの魅力に迫る!パーツ構成や制作秘話、着せ替え方法も大公開!

待ちに待った大注目の国内ジェネラティブプロジェクト『ASAGI』

ついに2022年8月6日(土)20時にリリースされプレセで完売!この実況はオニコンNFTラジオで行われ、多くのリスナーも参加し大盛りあがりでイベントが開催されました!

結果は即Sold Out。世界ランキングではAzuki超え、国内NFTランキングでは1位を獲得し、注目度と勢いは止まりませんっ!

そんな『ASAGI』ですが、リビールは8月10日20時。どんな素敵な作品が出てくるのか気になりますよね?

今回、事前にWAKAさんsocoさんにインタビューを実施して、着せ替え機能の魅力、制作秘話、サプライズ発表。属性、エフェクト、コラボクリエイターのパーツ等々を教えていただきました。

ぜひ、『ASAGI』をリビールしたら組み合わせを調べてみてくださいね!

また、Neo Samurai Monkeys(NSM)NEO TOKYO PUNKS(NTP)とのコラボで実現した「着せ替え機能」や、『ASAGI』の今後についても、8月2日にBHMさんと行われたAMAの情報を元にQ&A形式で掲載します。

『ASAGI』のはじまりはこれからです!一緒に盛り上げて行きましょう♪

この記事は、こんな方にオススメ
    • 『ASAGI』の着せ替え機能について
      • 『ASAGI SPIRIT』とは?
      • 『ASAGI』のコラボパーツ構成や属性について
      • 『ASAGI』の今後について

    『ASAGI』について26,000文字で書かれた解説記事も読んでみてください♪

    もくじ

    『ASAGI』に登場する動物達

    おさらいですが『ASAGI』に登場する動物は「FOX」「TIGER」「CAT」「RABBIT」「PENGIN」「KOALA」の6種類です。

    WAKA
    カッコイイ動物のPFPが無いなら、自分で描けばいいっ!

    というWAKAさんの名言からわかるように、カッコイイ動物はよりカッコよく仕上げられ、可愛い動物たちもメチャクチャカッコよく仕上げられています。

    そして今回注目のギミックは、所有しているASAGIがある条件で変化することができる『着せ替え機能』です!

    『ASAGI』の着せ替え機能について

    フーリン
    ASAGIを120%楽しむ注目の機能『着せ替え』

    『ASAGI』は国内で大人気のジェネラティブプロジェクト、NEO TOKYO PUNKS(NTP)Neo Samurai Monkeys(NSM)と一緒にコラボしています。

    そこで注目なのはNTPホルダーとNSMホルダーは、所有している『ASAGI』の服やマスクを何度でもコラボモデルに着せ替えすることができるんです!

    ※着せ替えはNTPかNSMのどちらか一方に着替えられます。NTP+NSMを組み合わせて着替えることはできません。

    『ASAGI』着せ替え方法は?

    『ASAGI』の着せ替え方法は専用サイトで可能です。NSMとNTPを所有していれば何度も着せ替えできますのでお楽しみください。

    着せ替え方法

    NSMとNTPを持っていれば、どちらか一方に着せ替え可能です。こちらの#0224はフルフェイスですので、NTPに着せ替えすることで動物の顔が明らかになります!

    ■着せ替えの度に少量のガス代がかかります ↓

    ■NTP装着後はこちら ↓

    ■NSMに変換するとこちら ↓

    雰囲気が変わって楽しすぎますっ!

    こちらは着せ替え状態でlistすることも可能です。

    Big Hat Monkey(大帽子猿)BHM×Samurai×NFT Music

    Neo Samurai Monkeys(NSM)でNFT界隈を盛り上げ、MusicNFTや様々なコミュニティや企業とコラボし、常にホルダーをワクワクし続けてくれるBHMさん!コラボの内容に注目してほしいのは着せ替えできる「衣装チェンジ

    何とっ!NSMと『ASAGI』両方持っていると、動物たちをBHMウェアに衣装チェンジができます!好きな時に、お気に入りの衣装に何度も着替えることが可能っ!

    フーリン
    プロジェクトを横断したコラボに胸熱です!
    Big Hat Monkey(大帽子猿)BHM×Samurai×NFT Music

    Twitter|@BigHatMonkeys

    Founder & Creative Director of Neo Samurai Monkeys l 3 CloneX l opensea.io/collection/neo l discord.gg/BigHatMonkeys

    『ASAGI』ではスーツ姿やパーカーなど現代風スタイルですが、NSMに着替えることで『ストリート×SAMURAI』という非常にCoolな組み合わせになりますっ!

    服/WAKAさん→服/NSM着せ替え

    「CAT」の着せ替えですね。ハードボイルドな雰囲気から、一気にストリート風に!

    「TIGER」バージョンの着せ替え。

    NIKO24

    こちらも熱い!!!NEO TOKYO PUNKS(NTP)と『ASAGI』両方持っていると、動物たちをNTPマスクにウェアチェンジ可能!お気に入りの衣装に何度も着替えることができて嬉しすぎます!!

    ただでさえカッコイイ『ASAGI』。Coolなマスクを装着してカッコよさ倍増ですっ!!

    フーリン
    国内の有名プロジェクトであるNSMとNTPの着せ替えが楽しめるなんで興奮が止まりませんっ!!
    NIKO24

    Twitter|@fukusta343

    ⛩Japanese NFT Creators ⛩ "NeoTokyoPunks"Creator and Founder https://opensea.io/collection/neo-tokyo-punks-nft NTP@NTP_NFTofficial

    NEO TOKYO PUNKS(NTP)といえば”マスク”ですよね!6種類の動物ごとに用意されたマスクパーツは、フィット感抜群で、とてもCoolな着せ替えを楽しめますよっ

    マスク/Pokiさん→マスク/NTP着せ替え

    Pokiさんの可愛いマスクからNTPのマCoolなマスクへ!

    よく耳の部分を見ると”白蛇”のピアスもあります!

    鼻水/Pokiさん→マスク/NTP着せ替え

    お茶目な鼻水は着せ替えることでNTPのマスクになります。

    マスク/WAKAさん→マスク/NTP着せ替え

    フルフェイスの『ASAGI』が出て、動物の顔が見えない場合でも、何とっ!着せ替えすることで素顔を見ることが出来ます!

    マスク/ONIKUさん→マスク/NTP着せ替え

    こちらも、最初は素顔がわからなくても、着せ替えることで明らかになります!どちらもカッコよすぎ!

    『ASAGI SPIRIT』が登場

    WAKAさんは大のAzukiファンです。実は今回、WAKAさんはAzukiの共同創設者であるZagabond(ザガボンド)氏にコンタクトを取り、『ASAGI』のファントムモデルを描いていいか打診。

    結果、Zagabond(ザガボンド)氏が喜んで快諾し、ファントムモデルの『ASAGI』が生まれました。

    こちらのバージョンは6動物×6属性で36枚だけ用意されています。36/1,500なので、わずか0.02%の確率!貴重な『ASAGI SPIRIT』をGETできるのは誰なのか!?注目ですね。

    1,闇属性/Spirit


    2,水属性/Spirit


    3,炎属性/Spirit


    4,雷属性/Spirit


    5,氷属性/Spirit


    6,草属性/Spirit

    グループ展を計画しているコラボクリエイター

    ぽき/PokiさんとONIKU kuitaiさんはWAKAさんがNFTをはじめる前からの絵師仲間。

    クオリティの高い1枚絵を生み出す3名がグループで開催する展示会は楽しみすぎます!『ASAGI』にはお二人の特徴がしっかり練り込まれたコラボ作品が登場します。

    ぜひこちらを参考に、誰とのコラボ作品なのかを楽しみながら探してみてくださいね♪

    ぽき/Poki

    とても透明感のある肌と、臨場感あるれる人物を描かれるPokiさん。自然体を切り取った構図から、リラックスしている気持ちが絵の外にまで伝わってきて癒やされます。ピンク基調の色表現がとても素敵で女の子の可愛さを引き立てまくってます♪

    『ASAGI』とのコラボでは、「可愛い×カッコイイ」の掛け算で素敵な仕上がりになってます!

    ぽき/Pokiさんのコラボパーツ

    Pokiさんのパーツは可愛いお花の背景や服、マスクや鼻水を垂らしていたりなど、ほっこり癒やされるパーツが用意されています♪

    マスク

    鼻水

    背景

    背景/武器/マスク/服 オールPakiさんモデル

    ONIKU kuitai@NFT

     

    細部にわたる描き込みと、1枚1枚に込められた想いが絵からにじみ出てくるような迫力!サイバーパンクな作品から、和テイストで仕上げられた掛け軸のような作品まで、見た人を一瞬で虜にするパワーを感じる作品です。

    『ASAGI』とのコラボでは、WAKAさんの繊細な仕上がりに挑戦するような描き込みで、カッコよさが何倍にもなってます!

    ONIKU kuitai@NFT

    Twitter|@Kuitai_Oniku

    ■ジェネラティブプロジェクト『ASAGI』のエンジニア担当

    ONIKU kuitaiさんのコラボパーツ

    ONIKU kuitaiさんのパーツは、精巧に描かれたサイバーパンクなマスクや和柄の背景、そしてCoolなジャケットや持ち手にまで細かい模様が刻印されている武器などが用意されています。

    背景/武器/マスク

    こちらのマスクをよく見ると、『029』ONIKUさんの刻印があります!

    背景/武器/マスク/服 オールONIKUさんモデル

    服/Pokiさん 背景/ONIKUさん

    背景/Pokiさん 背景/武器/マスク/ONIKUさん

    フーリン
    ぽき/PokiさんとONIKU kuitaiさんのコラボ作品を楽しんだり、NSMやNTPを持っていれば何度も着せ替えができちゃうのも嬉しいですね!

    その他パーツ構成

    WAKAさんの様々なこだわりや、別プロジェクトとのコラボなど、まだまだ『ASAGI』には魅力がいっぱいです!

    エフェクト無しのシンプルな構成

    エフェクトが無いことで、武器や動物の毛並みまでじっくり楽しむことができます。

    赤富士背景

    WAKAさんの作品は葛飾北斎伊藤若冲からも影響を受けているので、赤富士背景と、日本の伝統色である『浅葱(ASAGI)色』とよく合います。

    ペンギン限定のパーツ 炎の輪/泡/ヘッドホン

    ペンギン好きのWAKAさん、浅葱(あさぎ)色に塗られた模様の背景のこだわりも凄いのですが、ペンギンのみの限定パーツにも注目です。

    『WATCHER ~英雄たちの瞳~』モデル

    今回はエンジニアとして参加しているsocoさんですが、アートワークから独自コントラクトの構築まで手掛けたプロジェクト『WATCHER ~英雄たちの瞳~』モデルの武器も追加されています!

    WATCHERの武器

    NTPへ着せ替え

    『ASAGI』のパーツ属性について知りたい

    『ASAGI』にはメチャクチャCoolなエフェクトが描かれている作品も登場します。そのエフェクトには6つの属性が設定されており、下記のような構成になっています。

    エフェクト6属性
      1. 闇属性
      2. 水属性
      3. 炎属性
      4. 雷属性
      5. 氷属性
      6. 草属性

      1,闇属性

      2,水属性

      3,炎属性

      4,雷属性

      雷には白バージョンもあってカッコイイっ!!

      5,氷属性

      6,草属性

      フーリン
      どの属性もカッコよすぎて、すべて揃えたくなってしまいます!!

      ASAGI×Big Hat Monkeyさん AMA

      2022年8月2日に『ASAGI』のAMAが行われました。メンバーはWAKAさんsocoさんBHMさんの3名です。こちらのAMAでは『ASAGI』の制作過程、プロジェクトメンバー結成秘話、今後について等、普段聞けない話が盛りたくさんです。

      ASAGIを手に入れて、ますますWAKAさんのファンになったと思いますので、このAMAから熱い想いを聴いてもっとファンになっちゃいましょう!

      さっそくWAKAさん達へのインタビューを見てみましょう!音声で聴きたい方はこちらです♪

      作品へのこだわりや素体やパーツ構成、制作時間について

      制作期間は約3ヶ月間。この限られた時間でどのように納得の行くクオリティに仕上げたのか、BHMさんが質問して深掘りします。

      BHM:動物の種類は6種類ですが、最初からこの6種類でしたか?

      WAKA:最初は10くらい作ろうと思っていましたが、1体仕上げた時点で、メチャクチャ時間がかかってしまうことがわかりました。このまま種類を多くして仕上がりが荒くなってしまくらいなら、種類を絞ってしっかりしたクオリティで提供したいと考えました。

      BHM:パーツの種類はどれくらいですか?

      WAKA:全部で200種類くらいですね。マスクや角などメインは10パーツくらいです。それから1つのパーツに対して、色違いなど含めると20種類くらい用意しています。

      BHM:今回力を入れたポイントは何ですか?

      soco:ジェネラティブなんですけど、ランダムに吐き出した作品を、Gentaさんが作ってくれた手元のツールで書き換えるとパーツを強制変換できるようにしました。つまりWAKAさんがジェネラティブで仕上がってきた作品を見たとき、「ここの炎が青かったらメッチャキレイなのにな~」と思ったら青い炎に変えることができるんですよ。

      WAKAさんも作品を100%のクオリティでお届けしたいという想いがありました。数も1,500枚なので一度生成して生まれたものをさらに良くするために、1つ1つチェックして色彩を整えるという結構恐ろしい作業をやってます。

      BHM:発行を1,500枚にした理由はありますか?

      WAKA:ジェネラティブでもしっかりこだわって、すべて自分で調整したい想いがあったので、限られた期間でギリギリまで責められる数を追求したら1,500枚でした。

      BHM:3ヶ月の製作期間があって、素体を作る時間、パーツを増やす時間、調整する時間の配分はどうされたんですか?

      WAKA:素体を描くのは半月くらい、パーツをすべて描き上げるのに1ヶ月半~2ヶ月、そこから実際に組み合わせてみて合わない時は描き直したりの調整に半月費やしました。本当に微調整が大変でしたね。

      パーツごとの組み合わせで矛盾が起きないように、全パーツですべての組み合わせが可能なように調整しました。

      soco:私もジェネラティブプロジェクトをやっているんですけど、すべてのパーツをランダムに組み合わせても矛盾が起きないように描かれているのは驚きましたね。

      WAKANSMのジャケットにしたから、若干おかしくなるというのは絶対にあってはならないと思いました。

      NSMとのコラボレーション概要について

      注目の着せ替え機能。こちらの楽しみ方や、コラボに至った秘話など。まずはsocoさんから着せ替えの”仕組み”について解説していただきました。

      soco:コラボ着せ替え機能について

      soco:ASAGIのコントラクトに実装した、独自のコントラクトになっています。今回NSMとASAGIはEthereumチェーンで参照し合ってコラボする形を取っています。

      ASAGIを持っているアドレスで、同時にNSMを持っていれば特別な姿にメタデータを更新するという実装が入っています。

      ASAGIのリビール後に公開される着せ替えページにて自分のASAGIの姿を「更新する」というボタンを押してもらうとOpenseaでこれらの動物たちの服装を着せ替えすることができます。

      さらにそれをもとに戻すことも可能なので、専用サイトで好きな時に、好きな服へ着せ替えを楽しむことができます。

      soco:NSMとの着せ替えで、このジャケットデザインにした理由やこだわりは?

      WAKA:BHMさんとNSMのイメージはこれだな!と思ってOpenseaに行って、このジャケット素体の子を見つけて横に並べながら色などを確認しながら描きました。また、ポケットにいるNSMのアイコンみたいなお猿さんがメッチャお気に入りで、可愛く描きました。

      BHM:NSMやNTPをコラボ先に選んだ理由は?

      WAKA:NSMさんとは動物繋がりでやりたいという点と、NTPはマスク繋がりでやりたいと思いました。なので素体に猿は入れないようにしました。

      soco:コラボを決める時に私もいたんですけど、去年9月から一緒にやっているプレイヤーで、クリエイター主導で材料をもっているプロジェクトってそんなに無いと思ってて、そういったメンバーで楽しく創作してジェネラティブを表現できたら良いね!という話をしてました。

      BHM:着せ替えする際、コントラクト上どのような指示になるんですか?

      soco:Ethereumチェーンにガス代払ってアクセスした時に、NSMのコントラクトをASAGIからのぞきに行ってます。

      NSMのコントラクトを確認させてもらって、「本当にこの人がNSMを持っているのか?」という部分を聞きます。そこから「持っています」という反応が返ってきたらメタデータを入れ替える許可をします。その後Openseaに伝えるデータを差し替える処理になってますね。

      同一Walletの中にASAGIとNSMが入っていることが条件になります。

      AMA中の質問への回答

      AMA中の質問リプ欄に書かれた質問にお答えしています。

      質問①:ASAGIの名前は色の名前だと思いますが、それをコレクション名にした理由があれば教えてください。

      WAKA:私がAzukiの大ファンで、Azukiの象徴みたいな小豆色のように、自分の青の中でも象徴的な色を作りたいなと思って色を探している時に浅葱色に出会いまして、その時浅葱色の響きとか日本風でいい印象と、文字の並びもカッコイイなというのもあって、少しAzukiへの憧れも多少ありつつ自分の色も出したいなというのもあって『ASAGI』という名前になりました。

      質問②:着せ替えギミックは、Walletに同時にある場合だけでしょうか?売りに出す場合は着せ替え無しの状態になりますか?例えば、一つNSMを持っていれば複数可能ですか?1体1になりますか?

      soco:これは売るときのポリシーにも関係してくるので説明させて頂きたいんですけど、トークンを持っている人は所有しているASAGIであれば、どの動物でも、何度でも着せ替えることができます。

      着せ替えた状態で売りに出すこともできます。受け取った人はそのNSM状態のものを受け取ると、そのままNSMの着せ替えジャケット着ている状態でNFTを楽しむことができます。

      一方で手に入れたNFTを着せ替え前の状態に戻したり、NTPに着せ替えたりする場合はNSMを持っていないと元に戻せないということになりますね。

      この辺は自動で戻るようになど色々考えていたんですけど、売りに出されているイラストが突然買った時点で元に戻ったりしてしまうとガッカリすると思い、一旦流通したものは”変わらない”としました。

      考え方として、着せ替えギミックが楽しんでもらえる要素かなと思ってて、NSMを着た状態でガチホして替えない、他に着せ替えしてみるなど体験してもらえたら嬉しいです。

      注意点は、NSMを持っている状態で着せ替えたASAGIを売りに出せるので、「NSMの着せ替えをしてあげるから○○ETHください」という人が出てきても、依頼しないようにしていただけたほうが運営としてはありがたいです。

      質問③:重ねて質問。BHM NSMとNTPを両方持っていたらどうなりますか?マスクと衣装が両方付いたりしますか?

      soco:それはならないですね。両方付けてしまうと、組み合わせ的に元のASAGIのデザインからかけ離れてしまうという点と、ジェネラティブなので2つ掛け合わせると同じ子が同時に生成されてしまうという確率が格段に上がってしまいます。この点を鑑みて同時にマスクとジャケットが着せ替えられるバージョンは無いとしました。

      質問④:NSMとASAGIのWalletが違う場合は同じWalletに移さないと着せ替えられないと思っていますが、スナップショットとかはどうなりますか?

      soco:同じWalletに無いと着せ替えられません。

      これはスナップショットで判定しているのではなくて、着せ替えを申請した瞬間に両方持っているかの判定をしています。着せ替えボタンを押す時に、同じWalletにASAGIとNSMを入れておいてください。

      質問⑤:着せ替えにガス代はかかりますか?

      soco:ガス代はかかります。ただ、書き込む情報量はそんなに無いので、私が観測した限りでは数ドル、、1ドル程度しかかからない感じでしたね。

      『ASAGI』の今後について

      グループ展を開催したいなどの発表はされていますが、その他『ASAGI』の今後について語っていただきました。

      BHM:発売後はどのような計画がされていますか?

      WAKA:今発表しているのは2点です。1点目はリアルとつなげたいということで、自分が描き下ろしたイラストでグッズを作りたいです。2点目はコラボしていただいたPakiさんやONIKUさんと一緒にグループ展を開きたいです。グループ展の時には何かしらホルダー特典を送りたいと思ってます。

      それ以降はまだ取りかかれていないので、少しづつ発表していこうと思います。

      進め方などは全力まんさんに相談しながら取り組んでます。

      BHM:今回の時間を分けて個数を分散する販売方法は誰が考えられたんですか?

      WAKA:全力まんさんです。これはマーケティング的な視点で「売ろう」というわけではなく、WAKAさんのファンの方に確実に届いてほしいという想いを汲んでの戦略になります。

      メンバーでプロジェクトのビジョンを共有して動けたというのも非常に良かったですね。

      BHM:ビジョンて大事ですよね、迷った時もそれがあると判断しやすいですよね。

      BHM:Discordを作らないで進めていくなど、ASAGIの運営体制についてどのような経緯で考えられたんですか?

      WAKA:結構メンバーで相談しました。一つDiscordを運営する上で、自分の手が回らないなと思いました。絵を描いたり、企画を考えたりしつつ、Discordも盛り上げないとということになれば自分への負担が大きすぎると思いました。

      Discordもずっと発信し続ける話題があれば良いんですけど、どこかしら話題も無くなるときがあると思うんですよね。そこで自分でDiscordを盛り上げ続けなくてはならないとう負担を抱えていくのはストレスにもなって嫌だなと思いました。一度作ってしまうと、もう後に引けなくなるのかなというのもあってですね・・・。そういった面でDiscordは当面無しでやってみようということになりました。

      BHM:凄くよくわかります。僕はイラストレーターさんがいるから、そういう作業時間は僕自身にかかっていないので結構運営とかもやれるし、今はガリバーさんなどはじめたくさん助けてくれるかたがいるのでできていますね。

      ですので、やっぱりWAKAさんみたいに描かれる人が主導でやるのは本当に難しいと思うので、すごい良いやり方だなと思いました。

      WAKA:Discordが無いとやっていけないかんら、となった時はもう一度考えてみようと思います。

      soco:イラストレーターさんで長く続けている人ってちゃんと作品を発表して続けているからそれで評価してほしいという想いが強かったですね。

      BHM:このチームが結成された経緯を教えていただけますか?

      WAKA:WATCHERとNFTとのつながりが大きいですね。もともとNFT×Cでsocoさん企画に参加させていただいていて、そのNFT×Cの打ち上げがあったんですけど、そこでsocoさんとGentaさんとはじめて会って、2人からWATCHERというジェネラティブをこれからやるんだけど一緒にやらないかというお誘いを受けました。

      そこでWATCHERには絵描きとして参加させていただきました。その後に、自分が「ジェネラティブプロジェクトをやりたいなぁ」ということを伝えたら、socoさんから「サポートしますよ!」ということを言っていただけて、Gentaさんも一緒に加わってくれました。

      WAKA
      これからもASAGIの絵も、自分の1枚絵も楽しんで見ていただけたら嬉しいです。ありがとうございました。

      さいごに

      こちらの画像にあるとおり、『ASAGI』はこれからも進化し続けます!これ以上何が起きるのか?ワクワクがとまりませんっ!

      クリエイター主導で立ち上がり、1枚1枚本当に完成度の高い仕上がり。作品の圧倒的魅力でまわりを惹きつけ続けるプロジェクト『ASAGI』。

      これからも一緒に盛り上げていきましょう!

      NFTクリエイターの自己紹介記事募集中【寄稿者特典あり】

      オニコンNFTラジオでは、NFTクリエイターの自己紹介記事を随時募集中です。記事を簡単に書くためのテンプレも用意していますので、気軽にKominatoまでDMにてご連絡ください。

      関連リンク

      1,📔オニコンNFTラジオへの寄稿者募集中!メディアロードマップ公開

      2,📰【寄稿者特典】オニコンNFTラジオのメディアへバナー広告が出せます!

      3,🎉【NFTって楽しい!】毎晩21時から平均3時間開催のオニコンNFTラジオとは?

      4,📻毎日開催『オニコンNFTラジオ』を聴き逃しても大丈夫!録音が聴けます!

       

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事